トップ

学校にクレームを言う親

重要な親と学校の関係

用務員

モンスタ-ペアレントと学校

モンスターペアレントという言葉を聞いても、現代でははなんのことかわからないという人はいません。それほど有名になっています。これは生徒の保護者があまりに学校や担任に対してクレームをいってくるということです。それも追い込むように、クレームをいってくるということが社会問題になっています。親も子も担任の先生と信頼関係を築くことが生徒にとってもよいことなのに、信頼というよりも脅しになってはいい関係を築くことができません。親はある程度学校に任せる姿勢ということも大切なことです。心配と過干渉は違うと理解したほうがいいです。

子供を溺愛モンスターペアレント

モンスターペアレントとは、起こった出来事、子供が起こした問題について子供の話や言い分だけを鵜呑みにしたり、我が子に限ってありえないことだと主張し、常識の範囲を逸脱した考えに基づいた理不尽な理由で学校側に苦情を入れたり申し立てをする親のことをいいます。その理由は様々ですが、自分の子供がクラスで一番優遇されていないことに腹を立てたり、頼んでいないので給食費を払わないなど、自分達の基準で正しいと思い込んでいる対応を学校側に迫ります。保護者との交流がなく情報の共有が出来ていないことや、我が子を溺愛するばかりに盲目的に自分の子供が正しいと思い込んでいることが原因と考えられます。

↑PAGE TOP